お試ししつけ教室

ご心配をおかけしましたが、ユリカに頭突きされた頬骨はさわってももうほとんど痛みはありません。
日焼けとシミのおかげで、青タンも黄タンも隠されてるようです。
こんな要らないものが役に立つとはね。^^;
サリ父に言われて初めて気づきましたが、頬骨で良かったのかも。
鼻や口だったら流血の大惨事になるところでした。
これからも絶対ありそうなことなので、なるべくうまく回避できるようがんばります。(^^ゞ

前回のブログはちょっとだけお利口にがんばったユリカのことを書こうと思っていたのに、
書く直前のあまりに強烈なダメージが勝ってしまいましたが、7月2週目のものすごく
暑かった日曜日、ユリカ、1歳4ヶ月にして初めてのしつけ教室体験をしてきました。
散歩の時、以前よりは引っ張ることもなくなってきたユリカですが、あくまで私の独断しつけ。
根本的なユリカとの接し方、サリーとの関係などなど、今さらにして悩むこともあり、
プロのご意見を聞きたいなぁと思っていたところ、運良くお試ししつけ教室開催の
お知らせを発見!
悩みはいろいろあれど、まずは暑い夏、なるべく汗をかかずに散歩したいとの
希望をもって申し込むことにしました。

家から車で20分ほど、水田の中にトレーニング教室のフィールドがあります。
先生は頼りがいのある体格の優しい男性、それにアシスタントの先生が2名。
この日の生徒はユリカの他はチワワが2頭だったので、マンツーマン以上で
指導していただくことができてラッキーでした。
お試しということもあって、この日は犬に引っ張らせないで歩くこと、その場で座り、
待たせることを教えていただきました。

↓ まだ状況がわかってないユリカはへらへらご機嫌♪
b0131364_23454231.jpg


実はサリーも、ミラノでちょっとだけしつけ教室に通ったことがあります。
田舎の広~いフィールドで、グレートデーンやドゴアルジェンティーノ、シェパードなどの
超大型犬と一緒に、チョークを入れながら歩き続けたものでした。
しかし、私、本当にチョークがヘタ。(>_<)
100回に1回くらいしかちゃんとできてないような気がします。
なのでサリーの引っ張り癖は「ゆっくり歩いてね~」という言葉のコマンドで直し(笑)、
言葉の不自由なユリカは未だに引っ張り癖がある状態。

ところがこの教室ではチョークなし。
飼い主が自由に歩いて歩いて歩いて、犬はひたすら飼い主の側を行くという、
目からウロコの指導方法。
秘密は細いヒモ状のチョーク首輪で、これがあるだけでびっくりするほど引っ張らなくなります。
最初「ウゲェェ~~」と首吊り状態だったユリカもすぐに慣れてくれました。
でも首輪をする位置、リードを持つ位置はちゃんと教えてもらわないとむずかしいです。

↓ 全然ダメ!^^;
b0131364_23585259.jpg


↓ 先生の指導
b0131364_001214.jpg


↓ ちょっとだけマシになったかな。(^^)v
b0131364_011854.jpg

(ムービーから撮った写真なので画像が粗くてごめんなさい。)

蒸し暑い中、ユリカも私もそれなりにがんばりました。(笑)
あの日以来散歩がとっても楽になって、先生方には大感謝です。
まだユリカの妙な癖とか直したいところ(お座りも伏せもすぐ自主終了する)がいっぱい
あるので、涼しくなったらまたいろいろ教えていただきに行こうと思います。
すごくかっこいいお手本をしてくれたウェンディちゃんのことは次回書きます。
[PR]
by yurika0229 | 2009-07-24 00:24


ゴルパピーの成長日記


by yurika0229

プロフィールを見る
画像一覧

家族構成

サリー (1996.10.30)
    イタリア北部生まれ
ユリカ (2008.2.29)
    千葉県生まれ

母 : 紗里
父 : サリ父

現在、茨城県つくば市在住

以前の記事

2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧